こいた水道修理

トイレつまりの原因と料金相場を知ろう!

お問い合わせはこちら

トイレつまりの原因と料金相場を知ろう!

トイレつまりの原因と料金相場を知ろう!

2024/03/18

トイレがつまってしまうと、普段の生活に支障が出るだけでなく、修理費用もかかってしまいます。そこで今回は、トイレつまりの原因や、その修理費用の相場についてご紹介します。しっかりと原因を理解し、適切な修理方法を選ぶことで、無駄な出費を防ぐことができます。

目次

    トイレつまりの原因とは?

    トイレつまりは、一般的に便器内に堆積した浮遊物が下水道管に詰まることが原因です。この浮遊物は、トイレに流される便器内の不溶性物質や便器の壁に付着した物質、ホコリや髪の毛などが原因となります。また、使用中のトイレットペーパーや湯を沸かす際に出る脂肪分のついたごみも、下水道管を詰まらせる原因となります。これらの浮遊物が下水道管に詰まると、水の流れが滞り、トイレの水が一定量入れば溢れ出してしまうことがあります。トイレつまりを未然に防ぐためには、適切な使用方法、便器内部の定期的な清掃、そしてトイレットペーパーやゴミの適切な処理が必要です。また、専門家による定期的な点検や清掃も大切です。トイレつまりを放置すると、下水道管が詰まってしまい、不衛生な状態に陥るだけでなく、高額な修理費用がかかることもあります。

    対処しないと大変!トイレつまりの被害

    トイレのつまりは、生活上の大きな問題です。つまりが発生すると、排水の流れがストップしてしまい、トイレを使うことができなくなります。さらに、被害が広がる可能性もあります。つまりによって、下水管やトイレの水槽内での水の溜まり具合によって、水漏れや水のあふれが発生する場合があります。このような場合、壁や床に水が浸透してしまい、建物自体が損傷を受けることもあります。また、流れない水は、衛生上の問題にもつながるため、素早い対処が必要です。水道修理業者に依頼し、プロの技術でつまりを解消しましょう。一人で試みて解消できる場合もありますが、トイレを壊してしまうことがあるため、素人では無理な場合が多いです。きちんと原因を突き止め、再発防止につなげることが重要です。

    DIYでも対応可能?トイレつまりの解消方法

    トイレつまりは、家庭でよく起こるトラブルの一つです。一度起こると、水が流れなくなってしまい、使用不能になってしまいます。そこで、DIYでも対応可能な解消方法について紹介します。 まず、手軽に試せる方法としては、トイレットペーパーを少しずつ流し、流れが悪くなったら、すぐに水を止めて、排水口に吸引力を与えるために、プランジャーを使って試してみることができます。また、重曹とクエン酸を混ぜた液を流し込むのも、つまりを解消する方法の一つです。 さらに、濡れタオルを排水口に押し込んで、吸引力を与える方法もあります。ただし、隣接する部屋に水が流れる可能性があるため、注意が必要です。 以上の方法が効果がなかった場合、プロの水道修理業者に依頼することをおすすめします。DIYでも対応可能な場合もありますが汚水の処理方法や排水管の損傷などを避けられるため、専門家に頼むことが最も安心でしょう。

    プロに依頼する場合のトイレつまりの料金相場とは?

    トイレがつまってしまったら、素人では解決できないこともあります。その場合は、プロに依頼することが必要です。しかし、プロにトイレつまりの修理依頼をする場合には、どの程度の費用がかかるのでしょうか? トイレつまりの料金相場は、修理する箇所や業者によって異なりますが、一般的には1万円〜3万円程度となっています。ただし、人件費や材料費が含まれた料金になるため、状況によってはこれよりも高額になる可能性もあります。 また、急なトイレつまりの場合には、夜間や早朝などの時間外料金が発生する場合もあります。そのため、業者選びによっては、料金が大幅に異なることがあります。 トイレつまりは、小さな問題のように見えますが、自力で解決できない場合には、プロに頼ることが大切です。その際には、料金面だけでなく、信頼性や技術力なども考慮し、適切な業者を選びましょう。

    こいた水道修理では汚物やペーパーつまりの料金は8,800円(税込み)です。内訳は出張費3,300円+作業費7,700円-値引き2,200円です。

    また、汚物、ペーパー以外を異物と判断致します。異物は流せません。無理に流すと排水菅で詰まる可能性が出てきます。安全な作業内容は便器を分解して異物を除去致します。作業費は22,000円(税込み)~33,000円(税込み)です。出張費、値引きは上記と同じです。

    状況によってお見積り価格が変わる場合がありますのでお気軽にお問い合わせください。

    予防にも効果的!トイレつまりを防止する方法

    トイレつまりは、家庭ではついついおざなりになりがちなトラブルですが、放置すると大きな問題に発展する可能性もあります。そこで、予防にも効果的な方法をご紹介します。 まず、トイレットペーパーの使用量を減らすことが大切です。多くのトイレットペーパーを使用すると、トイレの排水管に詰まりやすくなってしまいます。特に、厚手のトイレットペーパーやポリエチレン製の洗浄シートを使用する場合は、注意が必要です。 また、トイレに流せないものを流さないようにすることも大切です。例えば、フローシャワーの先端部やコットン、おむつ、生理用品、食べ物の残りカスなどは、トイレに流すとつまりの原因になりますので、決して流さないようにしましょう。 さらに、定期的にトイレの掃除を行うこともおすすめです。トイレの排水管に付着した汚れやカビがたまると、つまりの原因になります。洗剤を使用してしっかりと掃除することで、トイレつまりを防止することができます。 これらの予防方法を実践することで、トイレつまりを未然に防止することができます。しかし、万が一トイレつまりが発生した場合には、すぐに水道修理の専門業者に依頼することをおすすめします。早めの対応が大切です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。