こいた水道修理

トイレつまりの料金相場!知っておきたいお金の話

お問い合わせはこちら

トイレつまりの料金相場!知っておきたいお金の話

トイレつまりの料金相場!知っておきたいお金の話

2024/03/25

トイレがつまってしまうと、どうしてもプライベートで解決できない問題になりますよね。そんな時に業者に依頼することで解決できますが、気になるのはその費用。一体どのくらいの金額がかかるのか、知っておきたいですよね。今回は、トイレつまりの料金相場についてお伝えします。

目次

    トイレつまりの原因とは?

    トイレがつまる原因は様々です。最も一般的な原因は、下水管に詰まったものが水の流れを妨げ、排水不良を引き起こすことです。この詰まりの原因は、トイレに流されたものが下水道で固まることでもあります。様々なものが原因となってトイレつまりは起こります。例えば、トイレットペーパーの乱用や、物を流しすぎること、表面洗浄で使用するクレンザーの過剰使用や、下水管内についた油脂や髪の毛が原因になることもあります。また、逆流防止弁の問題もつまりの原因となることがあります。この弁が正常に作動しないと、下水からの逆流が発生し、トイレが詰まる原因となります。トイレのつまりは、素人が解決を試みると逆効果になることもありますので、プロの水道修理業者に相談するのが最善の方法です。

    プロに頼む場合の料金相場はどれくらい?

    水道修理を自分で行うことは難しく、プロに頼むことが多いでしょう。しかし、プロに頼む際には料金相場が気になりますよね。一般的に水道修理の料金相場は、修理箇所やその程度によって異なりますが、基本的には時間料金のようにハウスメーカーや専門家によって異なります。水道修理において最もポピュラーなのは、水漏れの修理やパイプ交換ですが、大きな修理作業になればなるほど、料金も高くなっていくことが多いです。また、幅広い修理の実績を持つ専門業者は数多くあり、比較することで適正な価格設定を見つけることができます。修理にかかる当初の費用には、修理箇所の規模、交換パーツ、人件費が含まれています。プロと契約する場合、無料見積書を提供している場合が多いため、建設費用に関する詳細な情報を入手することができます。そのため、まずは複数の業者から見積もりを取得し、コストパフォーマンスを考えて選択することが重要です。

    こいた水道修理では汚物やペーパーつまりの料金は8,800円(税込み)です。内訳は出張費3,300円+作業費7,700円-値引き2,200円です。

    また、汚物、ペーパー以外を異物と判断致します。異物は流せません。無理に流すと排水菅で詰まる可能性が出てきます。安全な作業内容は便器を分解して異物を除去致します。作業費は22,000円(税込み)~33,000円(税込み)です。出張費、値引きは上記と同じです。

    状況によってお見積り価格が変わる場合がありますのでお気軽にお問い合わせください。

    DIYで解決する方法もある!

    水道修理にはプロの技術が必要な場面もありますが、中にはDIYで解決できる場合もあります。例えば、蛇口が水漏れしていると感じたら、まずは蛇口を外して中を確認します。もしかすると、内部のワッシャーが古くなっていたり、破損していたりすることが原因かもしれません。そんな場合は、自分でワッシャーを交換することができます。また、トイレの水が止まらない場合もありますが、これは水が流れているパイプを開け、中のフタを確認することで解決できます。これらは簡単な修理方法であり、DIYであれば誰でも行うことができます。ただし、修理を誤ると水漏れや水圧不足などのトラブルを招くことになるので、自信がない場合はプロに依頼するのが良いでしょう。

    トイレつまりを予防するためにできることとは?

    トイレつまりは、水道修理業界ではよくあるトラブルの一つです。つまりが発生すると、トイレを使用することができずに不便を感じるだけでなく、水漏れや水害などのトラブルを引き起こす可能性もあります。そこで、トイレつまりを予防するためには、以下のことを実践することが重要です。 1.水を節約する トイレつまりが発生する原因の一つに、大量の水を一度に流すことがあります。水を節約し、少量ずつ流すことでつまりを防ぐことができます。 2.トイレットペーパーの使用量に気をつける トイレットペーパーが原因のつまりも多いです。トイレットペーパーを多く使用することで、紙が詰まってつまりを引き起こす可能性があります。使用量に気をつけ、少量ずつトイレットペーパーを流すことが大切です。 3.適切なもの以外は流さない トイレには、適切なもの以外を流すとつまりの原因になる可能性があります。例えば、紙おむつや生理用品などはトイレに流さないようにしましょう。 4.定期的に点検する トイレにつまりが発生してしまった場合は、自分で解決する前に専門家に相談することが大切です。また、定期的に水道修理業者に点検を依頼することで、つまりを未然に防ぐことができます。 以上のように、トイレつまりを予防するには自己管理を徹底することが大切です。水道修理業者にも協力してもらい、快適なトイレ環境を保ちましょう。

    トイレつまりになってしまった場合の対処法とは?

    トイレがつまってしまったら、まずはパニックに陥らずに冷静に対処しましょう。最初に試してみるのは、手動でつまりを解消する方法です。ビニール袋や手袋を使用して、つまり箇所に直接触れずにトイレットペーパーなどをしっかりと押し込んで、つまりを緩和させます。それでも解消しない場合は、専用のトイレつまり用の除去剤を使う方法もあります。ただし、除去剤も使い過ぎるとトイレにダメージを与える恐れがあるので、使用方法には十分注意が必要です。また、手動や除去剤を試しても解消しない場合は、専門家に相談することが必要です。水道修理業者に依頼する場合は、しっかりと確認し、料金や作業内容について事前に確認を行いましょう。つまりは頻繁に起こりがちな問題ですが、正しい対処法を知っていれば、スムーズに解消することができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。