こいた水道修理

プロが教える、トイレつまりの費用とは?水道修理業界からの豆知識

お問い合わせはこちら

プロが教える、トイレつまりの費用とは?水道修理業界からの豆知識

プロが教える、トイレつまりの費用とは?水道修理業界からの豆知識

2024/03/26

皆さんは、トイレつまりに悩まされたことはありませんか?そのような時、水道修理業者に頼んで修理することになりますが、いったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか?今回は、プロから教えてもらったトイレつまりの費用について、水道修理業界からの豆知識をご紹介します。

目次

    トイレつまりの原因とは?

    トイレがつまってしまうと、非常に不便な状況に陥ります。そこで、まずはトイレつまりの原因について理解しておくことが大切です。トイレのつまりの原因として最も多いのは、使用しているトイレットペーパーや衛生用品が大量に流されてしまうことです。また、食べカスや髪の毛、石鹸カスなど、水に溶けにくいものがトイレに流されることも原因となります。さらに、排水管が古くなっている場合や、水の流れが弱くなっている場合もつまりの原因となることがあります。つまりが発生してしまった場合は、水道修理業者に依頼することがおすすめです。専門家が正確な原因を特定し、適切な修理を行うことで、トイレのつまりを解消することができます。

    トイレつまり時の費用目安

    トイレがつまってしまうと、水流が滞ってトイレを使うことができなくなり、非常に困ります。そんなときは、水道修理のプロに依頼しましょう。トイレつまり時の費用目安は、つまりの状況や原因によって異なりますが、平均的な価格帯は3,000円から5,000円程度です。ただし、小さなトイレや排水詰まりが軽微な場合などは、それほど高額にならずに済むことがあります。また、トイレ周辺の床や配管にも問題がある場合は、追加で費用がかかることもあります。修理に要する時間や人件費も、費用に影響する要素です。トイレをより長持ちさせるためにも、つまりやトラブルが起こったら早めに対処することが重要です。まずは、水道修理のプロに相談して、正確な費用目安を聞いてみましょう。

    こいた水道修理では汚物やペーパーつまりの料金は8,800円(税込み)です。内訳は出張費3,300円+作業費7,700円-値引き2,200円です。

    また、汚物、ペーパー以外を異物と判断致します。異物は流せません。無理に流すと排水菅で詰まる可能性が出てきます。安全な作業内容は便器を分解して異物を除去致します。作業費は22,000円(税込み)~33,000円(税込み)です。出張費、値引きは上記と同じです。

    状況によってお見積り価格が変わる場合がありますのでお気軽にお問い合わせください。

    トイレつまりDIYの注意点

    トイレが詰まると非常に困りますよね。修理業者に頼まずにDIYで解決することもできますが、注意点があります。まず、トイレを勝手に壊してしまわないように注意しましょう。強く押したり、引っ張ったりせず、力を入れすぎないようにしましょう。また、トイレに合わないものを流していないかも確認する必要があります。湿らせたティッシュや生理用品、毛髪などが詰まりの原因になることもあります。 解決するために、トイレブラシを使ったり、水を流したりする方法がありますが、詰まりがひどい場合は、トイレポンプを利用することが必要になります。しかし、ポンプを使う際には、正しい使い方をしなければなりません。強く動かしすぎるとトイレを壊してしまうこともあります。DIYでトイレつまりを解決する場合は、注意をしっかりと払いながら作業を行い、正しい方法を選ぶことが大切です。しかし、慣れていない人はDIYでトイレつまりを直すことが難しい場合があるため、修理業者に頼むことをお勧めします。

    水道修理業界から教える、トイレつまりを防ぐ方法

    水道修理業界からのアドバイスで、トイレつまりを防ぐには日常的な予防措置が大切です。最も簡単な方法は、毎日の水の流し方を注意することです。水が流れる際に、トイレに落ちた小さなものや排泄物以外のものを流さないように気をつけましょう。例えば、ビニール袋や生理用品をトイレに流すことなどは、トイレつまりの原因になります。また、水圧の調整も重要です。水圧を高めすぎないことで、配管やトイレを傷つけることがなくなります。さらに、トイレの使用方法も考慮する必要があります。トイレットペーパーを使う際には、1枚ずつ使い、大量に流さないようにしましょう。トイレットペーパーは、水と一緒に溶けるものを選び、それ以外のものは流さないようにすることも大切です。以上の点を心がけることで、トイレつまりを防ぐことができます。

    トイレつまり時にやるべきこととやってはいけないこと

    トイレがつまってしまったとき、焦ってついつい間違った対処法をとる人がいます。しかし、そのまま放置すると水漏れや壊れた便器などのトラブルが発生する可能性があります。まずは、トイレのつまり原因を確認しましょう。トイレットペーパーや生ゴミが原因の場合は、トイレットペーパーは小分けにして流し、生ゴミは取り出して不燃ごみとして捨てます。しかし、ボールペンや洗面器、子どものおもちゃなどが詰まっている場合は、自分で取り出さずに水道修理業者に依頼しましょう。また、トイレを水で流したりトイレクリーナーを投入するのはやってはいけません。これらの対処法は逆効果となり、トイレのつまりを深刻化させてしまいます。つまりの原因や状況に合わせた対処法を行い、トイレのつまりトラブルを未然に防ぎましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。