こいた水道修理

トイレつまりの原因と防止法を解説!水道修理業界が教える正しい対処法と費用相場

お問い合わせはこちら

トイレつまりの原因と防止法を解説!水道修理業界が教える正しい対処法と費用相場

トイレつまりの原因と防止法を解説!水道修理業界が教える正しい対処法と費用相場

2024/04/19

誰しもが経験したことがあるであろう、トイレのつまり。問題が発生したら、どうすればいいのでしょうか?直面したときにパニックにならないためにも、つまりの原因や防止法を知っておくことが大切です。今回は、水道修理業界が教える正しい対処法や費用相場など、トイレつまりについて詳しく紹介します。

目次

    トイレつまりの原因とは?

    トイレのつまりは、多くの場合、下水管内に詰まり物があることが原因となります。それは、トイレットペーパーや生ゴミ、油や毛髪などが水道管内に入り込んで、徐々に蓄積されることで引き起こされます。また、古いパイプや破損した部分も原因の一つになることがあります。トイレのつまりが起こると、排水が滞りやすくなり、排水口から水が逆流することもあります。このような場合は、早めに水道修理の専門業者に依頼することが必要です。水道修理業者は水圧を使ったつまり取り方法や、専用の道具を使ったつまり取り方法などによってトイレのつまりを解消してくれます。しかし、トイレに流すものには十分に注意しなければなりません。トイレットペーパー以外のものは流さないようにし、油などは使用済みの容器などに捨てることが大切です。

    水道修理業界が教えるつまり解消の正しい対処法

    水道トラブルで最もよくあるのがつまり。しかし、素人が行う対処法は、逆に詰まりを悪化させてしまうことも珍しくありません。水道修理業界が教えるつまり解消の正しい対処法は、まずは原因を特定すること。排水設備にゴミや髪の毛が詰まっている場合は、配管を分解して詰まりを取り除きます。また、排水口に詰まっている場合は、排水口カバーを外して網目をきれいにすると良いでしょう。しかし、注意すべき点として、手動で排水管を解体する際には、正しい工具を使い、原因を特定した上で行うことが大切です。素人がDIYでつまり解消を行う際には、危険も伴いますので、専門業者に相談することをおすすめします。水道修理業者に依頼することで、つまり解消だけでなく、排水管全体のメンテナンスも可能です。

    トイレつまりの防止法とは?定期的に行うべきケアとは

    家庭や商業施設でのトイレのつまりは、非常に厄介な問題です。一度つまったら、水が流れなくなり使用不能になる可能性があります。しかし、つまりを防ぐには定期的なメンテナンスが必要です。定期的なトイレのクリーニングや、適切なトイレットペーパーの使用、適度な水圧での流水を確保することが大切です。また、トイレットペーパーや洗浄液以外のものを流さないことも重要です。もし何か流してしまった場合は、すぐに取り除きましょう。それでもつまってしまう場合は、プロの水道修理業者に相談しましょう。おそらく、プロの技術が必要になる場合があります。つまりを防ぐためには、定期的なケアと判断力が必要です。そして、何か問題があった場合は、早急に解決することが大切です。

    トイレつまりを放置するとどんな危険がある?

    トイレつまりは、放置すれば放置するほどトラブルが拡大し、危険も増していきます。まず、便器が溢れて周囲に水浸しになることがあります。その水は、汚水であり、家屋や家具、床などにダメージを与えることがあります。また、水漏れが原因で、建物の柱や壁の中に水が染み込むと、腐食が進み、建物自体が損傷することもあります。更に、下水管がつまってしまった場合は、水や物が逆流してトイレ内部に留まり、汚染物質が発生します。これは健康面にも悪影響を及ぼすため、即時の対応が必要です。つまり、トイレのつまりは、その原因を特定し、すみやかに対処することが求められます。さらに、いつでも水回りのトラブルに対応してくれる信頼できる水道修理業者を事前にご紹介しておくことで、いざという時に安心です。

    トイレつまりの修理費用相場は?安く済ませる方法とは

    トイレがつまってしまった場合、修理費用相場はどの程度になるのでしょうか。一般的に、トイレつまりの修理費用は2,000円~20,000円の間であると言われています。修理する箇所によって差があり、トイレ本体を分解しなければならない場合は30,000円~50,000円程度になることもあります。また、深夜や休日に発生する場合は、通常よりも高い費用が必要になることもあります。 しかし、トイレつまりの修理費用を安く済ませる方法もあります。まずは自分でトイレ詰まりを解消してみることができます。市販のトイレつまり解消液を使ったり、トイレ掃除ブラシで細心の注意を払ってつまりを取り除いたりすることもできます。 また、水道修理業者を選ぶ際は、複数の業者の見積もりを比較してから決めることが大切です。相場よりも高い見積もりであれば、他の業者を探してみるのもひとつの方法です。さらに、定期的なトイレのメンテナンスを行うことで、つまりを予防することもできます。定期的なメンテナンスによって、修理費用を抑えることができるでしょう。

    こいた水道修理では汚物やトイレットペーパーつまりの費用は8,800円(税込)です。トイレの分解費用は22,000円(税込)〜33,000円(税込)です。夜間料金は5,500円(税込)です。更にGoogleアカウントをお持ちの方は投稿をして頂くと1,100円引き致します。

    お問い合わせの上よろしくお願い致します。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。