こいた水道修理

トイレのつまり原因と解決方法を専門家が解説!費用はどれくらいかかる?

お問い合わせはこちら

トイレのつまり原因と解決方法を専門家が解説!費用はどれくらいかかる?

トイレのつまり原因と解決方法を専門家が解説!費用はどれくらいかかる?

2024/05/13

トイレがつまったとき、原因を特定することは重要です。また、DIYで解決できる場合もありますが、専門家に頼むことも必要な場合があります。本記事では、トイレのつまりの原因と解決方法、そして専門家に依頼した場合の費用について解説します。

目次

    トイレがつまる原因とは?

    トイレがつまる原因には、様々なものがあります。一般的に、トイレットペーパーが多すぎる場合や、異物が詰まっている場合が多いです。異物とは、例えばおもちゃやタオルなどが挿入されることがあります。また、便器の内部にあるS字管や排水管が曲がっていたり、詰まっていたりすることもあります。そのため、便器に大きな力を入れたり、カッターなどの工具を使ったりすることは、かえって便器や排水管を損傷させることにつながるので、直接的な対処法とはいえません。トイレがつまった際には、プロの水道修理業者へ依頼することが大切です。専門的な技術や道具を用いることで、迅速かつ確実にトイレのつまりを解決することができます。また、予防策として、トイレットペーパーの使用量に注意し、異物が便器内に入らないように注意することも大切です。

    自分でできるトイレのつまりの解消法

    トイレのつまりは非常に厄介な問題で、修理業者に依頼することが多いですが、実は自分でできる解消法もあります。まずは、トイレの水が流れなくなった場合は、ぬるま湯を流すことでつまりの原因を溶かし、水が流れやすくなります。また、つまりが深刻な場合は、トイレのフタを取り外し、手袋やワイヤーを使ってつまりを除去することもできます。ただし、過剰な力を加えるとトイレを傷つけたり、排水パイプを破損する可能性があるため、注意が必要です。また、DIYが苦手な方や、異臭や下水からの水漏れがある場合は、専門業者に依頼することをお勧めします。水道修理の実績が豊富な業者には、腕の見せ所として、素早く問題を解決することができる高度な技術や知識があります。トイレのつまりでお困りの際には、専門業者に相談してみることをお勧めします。

    トイレのつまりを放置するとどうなる?

    トイレのつまりを放置すると、大変なトラブルが起こる可能性があります。まずは、排水管が詰まっているため、トイレを使用することができなくなります。さらに、つまりが長期間放置されると、排水管内部に溜まった汚物が腐敗することにより、悪臭が発生する可能性があります。このような場合には、一般的なトイレ用の除菌剤や掃除用品で対処することは難しく、専門的な水道修理業者に依頼する必要があります。放置することで、専門家による修理がより難しく高額になることもあるため、つまりが発生した場合には早急な対処が必要です。トイレのつまりを放置しないよう、定期的なメンテナンスをおすすめします。

    プロに頼む場合のトイレつまり解消費用とは?

    トイレつまりの原因は様々ですが、便器に物を流しすぎたり、トイレットペーパーをたくさん使うことが一般的な原因とされています。また、古くなった配管や水流が弱い場合もつまりが起こりやすくなります。こうした場合、プロの水道修理業者に頼むことが必要になるでしょう。トイレつまりの解消費用は、つまっている箇所や原因によって異なりますが、一般的には1万円程度からになります。しかし、深夜や週末に緊急で対応してもらう場合は、追加費用が発生することもあります。また、トイレつまりは長期間放置すると、トイレ本体や配管に損傷が生じる場合があるため、早めの対応が重要となります。プロに頼めば、効率的でスムーズな解消が可能です。

    こいた水道修理では、汚物やペーパーつまりの料金は8,800円(税込み)です。内訳は出張費3,300円+作業費7,700円-WEB割引き2,200円です。

    また、汚物、ペーパー以外を異物と判断致します。異物は流せません。無理に流すと排水菅で詰まる可能性が出てきます。安全な作業内容は便器を分解して異物を除去致します。作業費は22,000円(税込み)~33,000円(税込み)です。出張費、値引きは上記と同じです。

    屋外排水マスつまりの場合は高圧洗浄機を使用してつまりを除去致します。作業費は22,000円(税込)〜55000円(税込)です。出張費、値引きは上記と同じです。

    Googleアカウントをお待ちの方は、投稿して頂くと更に1,100円のお値引き致します。

    札幌市対応エリアは中央区、北区、西区、南区、東区、厚別区、白石区、清田区、豊平区、手稲区です。

    そして、弊社では誘導営業や作業追加の勧誘などもしません。お客様からの要望がない限りは、現在お困りの案件のみをしっかりと対応させて頂きますので、安心してお問い合わせください。

     

    トイレのつまりを未然に防ぐ方法とは?

    トイレのつまりは一度起こると取り除くのが難しく、便器に負荷がかかり破損することもあります。そこで、トイレのつまりを未然に防ぐ方法として、いくつかの方法があります。 まず、トイレットペーパーの使用量を減らすことが大切です。適量のトイレットペーパーを使用するように心がけましょう。また、トイレに流せない物は便器に捨てないようにしましょう。例えば、ティッシュや生理用品、毛髪などはトイレに流さないよう注意しましょう。 次に、定期的にトイレの便器内を洗浄することが必要です。汚れがたまると便器の流れが悪くなり、つまりの原因となります。洗浄剤や酸素系漂白剤を使用することで、清潔な状態を維持しましょう。 さらに、水圧を強めることでつまりを防ぐことができます。水圧が弱いと便器内の汚れがたまり、つまりの原因となります。定期的に水圧を調整したり、シャワーヘッドを清掃したり、水漏れがないか確認することも大切です。 以上のように、トイレのつまりを防ぐには、いくつかの注意点があります。定期的な清掃や適量のトイレットペーパーの使用、水圧の調整などを行って、トイレのつまりを未然に防ぎましょう。ただし、予防してもつまりが起こる場合は、水道修理の専門業者に相談することをお勧めします。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。