こいた水道修理

トイレつまりで大慌て!水道修理のプロが教える対処法

お問い合わせはこちら

トイレつまりで大慌て!水道修理のプロが教える対処法

トイレつまりで大慌て!水道修理のプロが教える対処法

2024/05/24

トイレがつまってしまったとき、一度は誰もが大慌てしてしまうものです。しかし、水道修理のプロが教えてくれる対処法を知っていれば、手軽に解決することもできます。今回は、トイレつまりの対処法をご紹介します。

目次

    トイレつまりはこんな症状

    トイレつまりは、水道修理の仕事にとってよくあるトラブルの1つです。つまりの症状は、水が流れない、水位が上がる、水の流れが悪くなるなど様々です。トイレに流せるものが限られているため、誤った物を流してしまうことが原因となることが多いです。 トイレに流せるものは、人体の排泄物、トイレットペーパー、水などに限られます。しかし、髪の毛、紙くず、生理用品、調理用の油脂などを流してしまうと、トイレに詰まりが発生しやすくなってしまいます。 トイレが詰まってしまった場合は、専門家に依頼することをおすすめします。自分で解消しようとすると、悪化させてしまう危険性があります。そうならないためにも、トイレつまりが発生した際はすぐに修理業者に相談するようにしましょう。

    こいた水道修理では、汚物やペーパーつまりの料金は8,800円(税込み)です。内訳は出張費3,300円+作業費7,700円-WEB割引き2,200円です。

    また、汚物、ペーパー以外を異物と判断致します。異物は流せません。無理に流すと排水菅で詰まる可能性が出てきます。安全な作業内容は便器を分解して異物を除去致します。作業費は22,000円(税込み)~33,000円(税込み)です。出張費、値引きは上記と同じです。

    屋外排水マスつまりの場合は高圧洗浄機を使用してつまりを除去致します。作業費は22,000円(税込)〜55000円(税込)です。出張費、値引きは上記と同じです。

    Googleアカウントをお待ちの方は、投稿して頂くと更に1,100円のお値引き致します。

    札幌市対応エリアは中央区、北区、西区、南区、東区、厚別区、白石区、清田区、豊平区、手稲区です。

    他にも、浴室、洗面化粧台、台所のつまりも承っております。

    そして、弊社では誘導営業や作業追加の勧誘などもしません。お客様からの要望がない限りは、現在お困りの案件のみをしっかりと対応させて頂きますので、安心してお問い合わせください。

    トイレつまりの原因とは?

    トイレつまりは家庭内の水回りトラブルの一つで、排水管が詰まってしまい排水ができなくなる現象のことを指します。つまりの原因は様々にありますが、多くは便器に流し込まれた不適切な物が詰まりの原因となっています。例えば、フローシート、ティッシュペーパー、湿らせた紙、女性用衛生用品、毛髪やワックスなどが挙げられます。また、排水管に油脂や調味料などの流れ込みも原因の一つです。つまりの前兆としては、水が流れにくくなることや不快な臭いがするなどがあります。一度つまってしまった場合は、市販のドレンクリーナーを試してみることもできますが、効果が出ない場合は専門業者に依頼することをおすすめします。水道修理業者は、ドレンクリーニングだけでなく、配管の交換や清掃、水漏れ対策なども含めたトイレのトラブルを解消することができます。

    トイレつまりを解消するための対処法

    トイレつまりは、家庭でよくあるトラブルの一つです。対処法を知っておくことで、即座に解消できます。まずは、トイレつまりの原因を確認しましょう。多くの場合、トイレットペーパーや衛生用品が流れずにつまります。また、異物が流された場合もつまることがあります。解消方法としては、市販のトイレつまり解消剤を使うことができます。ただし、繰り返し使うと配管に大きなダメージを与える可能性があるため、注意が必要です。また、トイレブラシなどを駆使して手作業でつまりを解除することもできますが、強く押し込むとトイレに傷がつく恐れがあるため注意が必要です。万が一手作業でも解消できない場合には、水道修理業者に依頼することもできます。ただし、修理費用がかかる場合があるため、できるだけ自分で解消するよう努めましょう。以上のように、トイレつまりには多くの解消方法がありますが、正しい方法を選び、素早く解決することが肝要です。

    水道修理業者に依頼する場合の注意点

    水道のトラブルは、放置しておくと大事になってしまうことがあります。そのため、素人が自分で修理するのは危険であると同時に、難しい場合もあります。そこで、水道修理業者に依頼することが必要です。しかし、業者の選択には注意が必要です。まず、対応可能な範囲や費用の目安、修理保証などの情報を事前に確認しましょう。また、口コミや評判を調べて信頼できる業者を選ぶことも必要です。また、情報収集のために複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討することも有用です。素早く正確な修理をしてくれる業者を選び、安心して依頼しましょう。

    トイレつまりを予防するためのポイント

    トイレつまりは、毎日の生活に大きなストレスを与える問題の一つです。特に水回りの修理業者として、私たちはお客様のトイレつまり解消に取り組むことが多いので、予防対策についてもお伝えしておきたいと思います。 まず、トイレに流すものには注意が必要です。トイレットペーパー以外のものは流すべきではありません。例えば、ティッシュや生理用品はすぐにつまりの原因になりますので、流さないようにしてください。また、大量の紙くずや油脂を流すと、排水管内部に固まってつまりを引き起こすことがあります。 次に、定期的なメンテナンスが必要です。トイレの汚れを定期的に落とし、排水口にホウ酸を入れて、排水管の内部を清潔にすることが大切です。また、排水管内部につまりができないよう、水を流すときは適度な量で一気に流すようにしてください。水を細かく流すと、汚れや紙くずが詰まりやすくなってしまいます。 以上のような予防対策を行うことで、トイレつまりを予防することができます。しかし、万が一つまりが発生した場合は早めの対応が必要です。お手上げになる前に、水道修理のプロに依頼することをおすすめします。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。